Live

☆UK TOUR SPECIAL MAY 2002☆

2002/5/20 @ JB's, Dudley レポ by Satoko

移動に時間がかかりそうだったので、早めに宿を出てDudleyへ。イギリス人の友達も来ないし、確かにちょっと不便だ。Dudleyでやるなら、割と近いBirminghamでやれば便利なのにと思う。でも今回のツアーは宣伝もそんなにしてないし、そもそもバンドはひっそりやりたかったみたいなので仕方が無いか。まぁ小さな街に行くのは楽しいし、行ったことない街なら尚更。
会場に行ってみて驚いた。今までのどの会場より広〜い!日本でもこんなに広いライブハウスはないかも。外からじゃ分からないけど内装は木の小屋ってカンジで独特で、やっぱりこの会場だけでも私にとっては来たかいあった(笑)しかし、こんなとこでこんなに広くて大丈夫なの…?

時間がたつにつれ、ガラガラだった会場にも人が集まり始める。他の会場に比べると年齢層が幅広い。前の方はキッズで盛り上がり、真ん中から後ろの方は結構な年の人達が意外と多くて何だかゆったりしてる。でもみんなすごく楽しみに来てるというか、楽しそうな感じが伝わってくる。やっぱりいろいろな所に行って土地の雰囲気の違いを楽しむのはいいなぁ。このライブハウスは本当に気に入った〜!前座のAthleteが終わり、Mansunがステージに登場する頃には、あんなにがらんとしていた会場がそれなりに埋まっていた。それでもやっぱり広いから前の方じゃなければぎゅうぎゅうじゃなく見れるし。

ライブが始まるとやっぱり広くて音が気持ちよく広がって楽しい〜。フォトピットが無かったし、もう一番前には行けなかったので、前の方でお客さんの間からしばらく撮って、後は会場の後方が少し高くなっていたので、そこから撮ったりして、お客さんの間を歩き回らせてもらったけど、撮りながらでもすっごい気持ちいいし楽しい!

とそこへChadがLegacyのイントロを間違えプレイが止まる。Paulがもう一度曲紹介して、気を取り直して2回目。…それも上手くいかず、またストップ。お客さん軽くブーイング(笑)PaulはChadに「何やってんの?」とゲキを飛ばす。3回目は「これで最後だよ」とPaulが前置きして……上手くいった〜!Paulは満面の笑み、そしてChadに拍手(笑)いいコンビですやっぱり(笑)。Paulの機嫌は終止良くて、よく笑うし、曲間でちゃんと曲紹介するし、ちょっと話したりも。ライブの出来は、文句のつけようがない位良くて、私がこのツアーで行った中でベスト。Chadのハプニングも何で?って位、他の曲のプレイが素晴らしかったので意外だった。Paulの声もバンドのプレイも最初から最後まで本当にしっかりと一体になって堂々としていて緩急があって、StoveもAndieも素晴らしくて…。いいライブを見せてもらうとこんなに充実感いっぱいっていう今日はいい見本だった。しばらくなかったので忘れてた気が…。本当に最後のTake It Easyまで早かった。プレイが終わる頃は、バンドもオーディエンスも本当に満足そうなムードに包まれていました。(今トップのムービーの最後の白黒Photoはこの時撮ったもの)この日は本当に見れて撮れて大満足。来て良かった。

昼間は晴れていたのに終わってみるとかなりどしゃぶりの雨。明日はイギリス最後の地元Liverpool。私も久々に行くので楽しみだー。

VIDEO

"Slipping Away"
from live @ Dudley JB's
part 1 | part 2 | part 3 各20秒。 (Windows Media Player)


次のレポ

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー